国連WFP学校給食プログラムへの寄付

国連WFPの「学校給食プログラム」への寄付

当社は、2012年3月より、国連WFP*1の「学校給食プログラム」*2への寄附を継続して行っています。

飢餓と貧困の撲滅を使命に活動する国連WFPは、途上国の学校で栄養価の高い給食を提供する「学校給食プログラム」を行っています。貧困に苦しむ子どもたちを飢えから救い、健全な発育を助けると同時に、就学率の向上と教育機会の拡大に寄与しています。

教育事業を通じた人づくりを目指している当社は、この活動に賛同し、世界の子どもたちが一人でも多く、よりよい状態で教育を受けられるよう、明光義塾オリジナル教材売上の一部を寄付しております。
また、全国の「明光義塾」で「学校給食プログラム」の紹介冊子を生徒に配布するなど、日本の子どもたちが、世界の子どもたちの状況を理解し、思いやりの気持ちを共有できるような活動を行ってまいります。

世界の子どもたちの健全な成長と教育の機会拡大に寄与するため、今後とも継続的な支援を行ってまいります。

  • *1 国連WFPとは
    飢餓と貧困の撲滅を使命に活動する国連の食糧支援機関です。自然災害や紛争の被災者、妊婦や授乳中の母親、栄養失調の子ども、孤児、病人、老人などの最も貧しい暮らしを余儀なくされている人びとを対象に、毎年平均75カ国以上でおよそ1億人に食糧支援を行っています。www.wfp.org/jp
  • *2 国連WFPの「学校給食プログラム」とは
    途上国の学校で子どもたちに栄養価の高い給食を提供するという活動です。子どもたちの健全な発育を助けると同時に、就学率の向上と教育機会の拡大に寄与しています。

感謝状をいただきました

2017年2月16日、国連WFP「学校給食プログラム」に対する支援について、国連WFP協会より感謝状をいただきました。

  • 写真左:国連WFP協会事務局長 鈴木邦夫氏
    写真右:弊社代表取締役社長 田上節朗

ニュースリリースはこちら

これまでの寄付実績

2017年2月27日に、総額2,250,000円を寄付しました。
2016年8月31日に、総額4,550,000円を寄付しました。
2016年2月29日に、総額2,250,000円を寄付しました。
2015年8月28日に、総額7,450,000円を寄付しました。
2015年2月27日に、総額3,090,000円を寄付しました。
2014年8月29日に、総額8,030,000円を寄付しました。
2014年2月28日に、総額3,080,000円を寄付しました。
2013年8月30日に、総額7,550,000円を寄付しました。
2013年2月28日に、総額4,370,000円を寄付しました。
2012年8月31日に、総額10,980,000円を寄付しました。

  • 左側から

    • ・WFP国連世界食糧計画日本事務所代表
      スティーブン・アンダーソン氏
    • ・当社常務取締役 田上 節朗

  • 感謝状
  • 左側から

    • ・当社代表取締役社長 渡邉 弘毅
    • ・WFP 国連世界食糧計画 日本事務所代表 (日本・韓国兼轄)
      モハメッド・サレヒーン氏
    • ・国連WFP協会 事務局長 横手 仁美氏