内部統制システム

明光ネットワークジャパンは、「明光ネットワークジャパン企業行動憲章」の精神に従って、良識ある公正かつ透明な事業活動を展開するために、内部統制システムの整備を推進し、社会的使命を果たしていきます。

リスク管理及びコンプライアンスへの取り組み

1.リスク管理委員会

私たちは、リスクが顕在化したクライシスへの対応のみならず、リスクそのものの発生を予防する体制を構築するために、「リスク管理委員会」を設置します。同委員会は、社長自ら委員長となり、業務執行部門のリスクに限らず、経営に関わるリスクも含めた、当社を取り巻くあらゆるリスクを対象とし、多角的な視点から継続的にリスク管理(リスクの把握・評価・対応・検証)を実施し、内部統制システムの基盤強化に努めています。

2.コンプライアンス委員会

私たちは、役員及び社員が、日常的な事業活動のあらゆる局面において当社の社会的責任と公共的使命を認識し、高い倫理観を保持し、法令・定款・諸規則に反することなく誠実に業務を遂行するために、「コンプライアンス委員会」を設置します。同委員会は、外部の専門家も加えた形で設置し、内部通報制度の設置と運用、コンプライアンス規程の周知、各種関連法規に関するマニュアル等の作成と周知を実施し、内部統制システムの根幹を支えています。

内部通報制度

私たちは、通常の業務ラインとは独立した、外部の法律事務所を窓口とする「内部通報窓口」を設置しています。
内部通報は、役員及び社員のみならず、当社と雇用関係にある全ての者を対象としており、受付内容は、業務上の法令違反、社会から非難を受ける恐れのある重大な行為だけでなく、「明光ネットワークジャパン企業行動憲章」を逸脱する行為、逸脱する懸念のある行為についても含みます。
また相談・報告をしたことによって不利益を受けることがないよう保護されています。

内部統制図

内部統制に係る基本方針PDF (368 KBytes / 28ページ)