明光ネットワークジャパンについて

  • 明光ネットワークジャパンについて
  • 当社の強み
  • 業界のポジション・市場の動向
  • 成長戦略
  • 最近の業績
  • 株主還元

当社は、日本初の個別指導塾「明光義塾」を中心に、「明光サッカースクール」「早稲田アカデミー個別進学館」など複数のブランドを展開し、教育事業を運営しております。また、フランチャイズ事業として独自のフランチャイズシステムに基づき、継続的な事業ブランド運営を行っております。
更に、グループ会社との提携による様々な事業を行っています。

詳細は下記をご覧ください。

事業内容

グループ会社

当社の歩み

1984年
(昭和59年)
西新宿24坪の一室からスタート
1986年
(昭和61年)
「明光義塾」100教室達成
1989年
(平成元年)
本社を池袋青柳ビルに移転
1993年
(平成5年)
「明光義塾」500教室達成
1997年
(平成9年)
日本証券業協会(ジャスダック市場)に当社株式を店頭登録
2002年
(平成14年)
「明光義塾」1,000教室達成
2003年
(平成15年)
サッカースクール事業を開始
東京証券取引所市場第二部に上場
2004年
(平成16年)
東京証券取引所市場第一部に上場
2006年
(平成18年)
新ロゴマークの導入
「明光義塾」1,500 教室達成
2009年
(平成21年)
医系大受験専門予備校の「東京医進学院」を子会社化
2010年
(平成22年)
本社を西新宿に移転
株式会社早稲田アカデミーと業務提携契約を締結
米国にて幼児から小学生対象のアート教育プログラム等を提供するAbrakadoodle, Inc.とのマスターフランチャイズ権を取得
2011年
(平成23年)
難関校受験専門個別指導塾「早稲田アカデミー個別進学館」開校
韓国にて、学習カウンセリングサービス等を提供するNEXCUBE CORPORATION(旧社名:Eduplex Education, Inc.)を持分法適用関連会社化
長時間預かり型学習塾「明光キッズ」開校
「明光義塾」2,000教室達成
2012年
(平成24年)
プロコーチが教えるサッカースクール「明光サッカースクール」のフランチャイズ展開開始
難関校受験専門個別指導塾「早稲田アカデミー個別進学館」のフランチャイズ展開開始
模試及び教材販売、学内予備校を運営する株式会社ユーデックを連結子会社化
2013年
(平成25年)
韓国人向け個別指導塾「MEIKO PLUS Academy」開校
学術専門書出版の株式会社晃洋書房を連結子会社化
2014年
(平成26年)
明光義塾、早稲田アカデミー個別進学館のフランチャイズ運営を行う株式会社「MAXISエデュケーション」を連結子会社化
日本語学校及びインターナショナルスクールを運営する株式会社「早稲田EDU」を連結子会社化
2015年
(平成27年)
台湾において個別指導塾事業を展開するための合弁会社 明光文教事業股份有限公司を設立
2016年
(平成28年)
JCLI日本語学校を運営する国際人材開発株式会社を連結子会社化
大学入試、大学教育に関する事業を行う株式会社古藤事務所を連結子会社化

明光義塾の教室数と生徒数の推移

当社が展開する学習塾「明光義塾」は、一般によく見られる学習塾とは異なり、生徒一人ひとりの学力と個性に合わせたオーダーメイドの『個別指導』を行っているのが最大の特徴です。

当社では創立以来、一貫してこの『個別指導』にこだわり続けるとともに、『自立学習』という理念のもとに生徒の自立心を育むべく指導を行い、常に個別指導塾業界をリードし続けてきました。
今後も日本全国で「明光義塾」のネットワークを広げていきます。

19年前(上場)より、教室数2.6倍、生徒数3.4倍

教室数と生徒数の推移

※各年の8月時点での教室数、生徒数を表示しております。

明光ネットワークジャパンの会社情報はこちら

  • 明光ネットワークジャパンについて
  • 当社の強み
  • 業界のポジション・市場の動向
  • 成長戦略
  • 最近の業績
  • 株主還元