業界のポジション・市場の動向

  • 明光ネットワークジャパンについて
  • 当社の強み
  • 業界のポジション・市場の動向
  • 成長戦略
  • 最近の業績
  • 株主還元

業界のポジション

上場学習塾の売上高ランキング

(百万円)
順位 社名 売上高
1 明光ネットワークジャパン(明光義塾) ※2016年8月期 末端売上高 46,122
2 ナガセ(東進ハイスクール・東進衛星予備校・四谷大塚NETほか) 45,742
3 早稲田アカデミー 20,190
4 リソー教育(トーマス) 19,643
5 東京個別指導学院(東京個別指導学院) 17,054
6 市進ホールディングス(市進学院・市進予備校・個太郎塾) 16,321
  • 注. 売上高は2015年9月~2016年8月の間に迎えた決算期の数字です。(当社調べ)

※末端売上高とは:
直営教室の入会金、授業料、教材費、テスト料等の全売上と、FC教室の入会金、授業料等の売上を合計したものであり、FC教室の教材費、テスト料等の売上は含んでおりません。

明光義塾のマーケットシェア

個別指導塾市場の10.6%、学習塾・予備校市場の4.8%

明光義塾のマーケットシェア

  • 注. 市場規模は(株)矢野経済研究所『教育産業白書2016年版』の数値を使用し、2015年9月から2016年8月までの末端売上高を2016年実績とみなしてシェアを算出しました。(他の年度も同様)

市場の動向

学習塾・予備校の市場規模

個別指導塾の市場規模

  • 注1. 事業者売上高ベース、2016年度は予測値(2016年9月現在)
  • 注2. 個別指導塾シェアについては学習塾・予備校市場規模、個別指導塾市場規模を基に算出
  • 出所:(株)矢野経済研究所『教育産業白書2016年版』
  • 明光ネットワークジャパンについて
  • 当社の強み
  • 業界のポジション・市場の動向
  • 成長戦略
  • 最近の業績
  • 株主還元