成長戦略

  • 明光ネットワークジャパンについて
  • 当社の強み
  • 業界のポジション・市場の動向
  • 成長戦略
  • 最近の業績
  • 株主還元

中期経営計画の概要

当社グループは、「教育・文化事業を核として更なる成長を図り、人づくりのトップカンパニーとなることを目指します」という2020年ビジョンを掲げ、その実現を目指しております。

第1ステージの3ヶ年中期経営計画(平成23年(2011年)8月期~平成25年(2013年)8月期)では、新たな成長路線として明光義塾の教室数、生徒数、授業回数の三次元成長を図るとともに、新規に第2、第3の事業の柱を構築することを目指してきました。

第2ステージの中期経営計画(平成26年(2014年)8月期~平成28年(2016年)8月期)では、成長路線を加速させるとともに、学習塾業界において突き抜けた存在となることを目指しました。

新中期経営計画(平成28年(2016年)8月期~平成32年(2020年)8月期)では、明光義塾事業の強化、全ての事業の収益力強化、事業領域の拡大の3つの戦略を主軸に、人材の育成に取り組み持続的な成長を図り、企業価値の向上を実現させます。

2020年ビジョン

当社グループは教育事業を核として更なる成長を図り、人づくりのトップカンパニーとなることを目指します。

計数目標

4年後の平成32年(2022年)8月期には、明光義塾教室数2,180教室、連結売上高225億円、連結経常利益36億円の計数目標の達成を図ります。

中期経営戦略

  1. 明光義塾事業の強化
  2. 生徒の主体的な学びを実現し、より一層の成績向上を実現する指導方法の進化、生徒の学習の進捗や履歴等をデジタルにて可視化するICTの開発と活用により、授業の質の向上を図ります。また、マーケティング戦略と地域戦略の強化徹底を図り、お客様のニーズを的確に把握することによって、時代や地域に適合した各種施策をタイムリーに実行してまいります。

  3. 全ての事業の収益力強化
  4. 明光義塾事業の収益力を強化すると共に、他の事業についても収益力の強化を図り、新たな基幹事業を確立してまいります。また各グループ間でのノウハウを共有し、経営効率を高めつつシナジーを最大化し、グループ総合力を強化してまいります。

  5. 持続的な成長に向けた事業領域の拡大
  6. 教育・文化事業の領域において、当社の経営理念に基づくビジネス展開で、本業の強化及び各事業の連携につながるM&Aや投資に取り組んでまいります。

  7. 人材育成
  8. ワークライフバランスを実現し、意識改革と生産性向上を図り、グループの成長を牽引する人材の育成を行ってまいります。

  9. 企業価値の向上
  10. 持続的な成長と拡大を目指し、投資家の皆様にとって魅力ある資本配当政策を実施してまいります。

収益計画

連結売上高計画(億円)

連結経常利益計画(億円)

※ 2016年8月期数値は実績値、2017年8月期~2020年8月期数値は予測値となります。
※ 上記の計画値は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は今後種々様々な要因によって計画値と異なる場合があります。

  • 明光ネットワークジャパンについて
  • 当社の強み
  • 業界のポジション・市場の動向
  • 成長戦略
  • 最近の業績
  • 株主還元