投資家の皆様へ

投資家の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

明光義塾事業の強化、全ての事業の収益力強化、持続的な成長に向けた事業領域の拡大、それを実現するための人材育成、そしてこれらの取り組みを通じた企業価値の向上を基本戦略として取り組んでおります。
しかしながら、第34期連結決算におきましては、売上高19,116百万円、営業利益1,441百万円となり、計画を下回る結果となりました。
また明光義塾事業におきましては、誠に遺憾ながら教室数及び生徒数の減少という結果になりました。

第35期におきましては、明光義塾事業の強化といたしまして、生徒の学ぶ力を伸ばす「明光式!コーチング」による授業サービスに徹底的に磨きをかけるとともに、ICTを活用した様々な学習コンテンツの導入も更に進めてまいります。
また、問い合わせから入会、通塾に至るまでの流れを一貫して追跡するマーケティング機能を強化し、サービスの差別化と競争力の強化を進めながら、生徒数増を実現してまいります。
明光義塾事業以外のそれぞれの事業領域においてもさらに収益性を高め、ブランド力向上と事業としての成長に努めてまいります。
M&Aや海外展開も継続的に取り組み、グループとしての持続的な成長を図ってまいります。

当期の年間配当金につきましては、計画通り42円とさせていただきました。
また、株主優待制度としては、株式の保有年数と株式数に応じたクオカードを進呈しております。
来期の配当予想につきましては、1株当り年間30円としております。
株主優待制度につきましては、現行制度にて引続きクオカード進呈とさせていただきます。
今後も各事業において成長を図り、企業価値の向上を目指してまいります。

投資家の皆様におかれましては、今後とも更なるご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2018年11月 代表取締役社長 山下 一仁