明光ニュース

取締役と執行役員の担当業務変更、並びに執行役員の選任に関するお知らせ

2019年07月11日

当社は、2019年7月11日開催の取締役会において、下記のとおり、取締役と執行役員の担当業務変更、並びに執行役員の選任を決議いたしましたので、お知らせいたします。 

1.2019年7月11日付 取締役と執行役員の担当業務変更(下線は変更部分を示します。)

氏名 変更後 変更前 異動年月日

堀内 航志

(担当)
取締役
兼 システム委員会委員長
兼 個別進学館事業本部長
兼 スタディクラブ開発部長
兼 情報システム部管掌

(重要な兼職の状況)
株式会社ケイライン取締役
株式会社古藤事務所取締役

(担当)
取締役

兼 個別進学館事業本部長
兼 スタディクラブ開発部長
兼 情報システム部管掌

(重要な兼職の状況)
株式会社ケイライン取締役
株式会社古藤事務所取締役

2019年7月11日

大坂 祐希枝

(担当)
取締役
兼 業務改革委員会委員長
兼 営業企画部管掌
兼 マーケティング部管掌
兼 本部事務局管掌

(担当)
取締役

兼 営業企画部管掌
兼 マーケティング部管掌
兼 本部事務局管掌

2019年7月11日

小宮山 大

(担当)
執行役員
兼 学習塾事業委員会委員長
兼 教務部長
兼 株式会社MAXISエデュケーション代表取締役社長

(担当)
執行役員

教務部長
兼 株式会社MAXISエデュケーション代表取締役社長

2019年7月11日

 

2.「学習塾事業委員会」「システム委員会」「業務改革委員会」を新設

当社は、かねてより当社の事業に関わる中長期的な計画、重要な案件等に関する内部的な方針策定機関として「事業戦略会議」を設置しておりましたが、2019年7月11日付にて「事業戦略会議」に付随する 横断的な組織として「学習塾事業委員会」「システム委員会」「業務改革委員会」を設置いたします。

(1)「学習塾事業委員会」
明光義塾、早稲田アカデミー個別進学館、スタディクラブ等の各事業が保有する強み、施策等の共有により、総合力を発揮し、教務力の向上、生徒募集の強化を図ります。

(2)「システム委員会」
マーケティング機能の強化と生産性向上のための部門システムと全社システムの見直しを推進いたします。

(3)「業務改革委員会」
全体最適の観点から顧客を中心としたビジネスプロセスの仕組みの改革を推進いたします。

 

3.2019年7月11日付 執行役員の選任(下線は変更部分を示します。)

氏名 変更後 変更前 選任日
楯山 洋朗

(担当)
執行役員
キッズ事業部長
兼 サッカー事業部長

(担当)

キッズ事業部長
兼 サッカー事業部長

2019年7月11日

 

 

4.2019年9月1日付 取締役と執行役員の担当業務変更(下線は変更部分を示します。)

2019年9月1日より開始される新事業年度より、以下のとおり組織変更いたします。

氏名 変更後 変更前 異動予定年月日

堀内 航志

(担当)
取締役
兼 システム委員会委員長
兼 個別進学館事業本部長
兼 スタディクラブ事業部長 ※1
兼 情報システム部管掌
兼 開発部管掌 ※2

(重要な兼職の状況)
株式会社ケイライン取締役
株式会社古藤事務所取締役

(担当)
取締役
兼 システム委員会委員長
兼 個別進学館事業本部長
兼 スタディクラブ開発部長
兼 情報システム部管掌

(重要な兼職の状況)
株式会社ケイライン取締役
株式会社古藤事務所取締役

2019年9月1日

小宮山 大

(担当)
執行役員
兼 学習塾事業委員会委員長
兼 教務部管掌
兼 株式会社MAXISエデュケーション代表取締役社長

(担当)
執行役員
兼 学習塾事業委員会委員長
兼 教務部長
兼 株式会社MAXISエデュケーション代表取締役社長

2019年9月1日

楯山 洋朗

(担当)
執行役員
キッズ事業部長

(担当)
執行役員
キッズ事業部長
兼 サッカー事業部長 ※3

2019年9月1日

※1 スタディクラブ開発部は、スタディクラブ事業部に名称変更いたします。
※2 FC開発部は、開発部に名称変更いたします。
※3 サッカー事業部は、キッズ事業部に設置されるスポーツ事業課に集約いたします。

以上

明光ニュース一覧へ戻る